手荒れの体質でも出来る美容師

手荒れの体質でも出来る美容師

手荒れの体質でも出来る美容師

手荒れに悩む美容師の多くが職場を去っていくものですが、アシスタントでもスタイリストでも本意ではない人も多くいるはずです。そんななかでそれでも美容室で働き続けている人もいます。それは「手荒れのしない仕事だけをやる」という働き方に変えている人たちです。最近の美容室では一人の美容師がすべての工程を一人で行うのではなくて、いろいろと分業化されているケースが良くあります。アシスタントがシャンプーをする、というのは昔からある話ですが、カラーの専門、パーマの専門、スタイリングの専門、といった具合に「これしかやらない」という仕事を持っている美容師も多く出てきたように思のです。そうやって分業してみると、手荒れで悩む人が全く水や薬剤を使わなくても良い仕事、というものが案外あるのではないでしょうか。もちろんそういう働き方にするにはスタッフの理解も必要ですし美容室全体の効率も考えなくてはいけません。お客さんがそういうスタイルを望まないケースも多いかもしれません。ですがそれが受け入れられればたとえ手荒れをする体質の人であっても、美容室で役割を持って働くことができると思うんですね。また本当に美容室と言う所が好きであれば、たてえハサミが握れなくなったとしても美容室の中で出来る仕事を探すものなのではないでしょうか。手荒れを完璧に防ぐ方法の一つとして手袋の着用と言う方法があると思うのです。家事などの水仕事をする時に手荒れを気にする人は、手袋を着用すると思うのです。そしてその手袋の種類も用途に応じて多くのものが販売されています、完全に指に密着するような指本来の動きを妨げない手袋も最近は多く販売されています。ですから美容師の皆さんも手袋を着用すれば問題なく仕事を続けることができると思うのです。ところがグローブを付けてシャンプーをしているアシスタントさんと言うのはごく一部しかいない感じですよね。どうしてアシスタントさんが手袋を着用する事が一般的に普及していないのか、というと、そこには素手でシャンプーしてもらった方が気持ちが良い、というお客さんの満足度があるようなんですね。たしかにかつてのようないかにも「手袋をはめている」といった感じでビニールの感触がするようではシャンプーもあまり心地良くなかったかもしれません。そもそもシャンプーに対してお客さんがそこまで心地よさを求めるようになったことも、今となっては「どうしてだろう?」という感じではあります。ですが実際に心地よさを求める小手が大きく上がる中で、今では手指に密着して手袋で触られている感じがあまりしない手袋も開発されてきたようです。これが一般的に普及すればアシスタントの悩みもかなり解決される事でしょう。小岩 美容師 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ