その人の印象を決定づけるヘアスタイル

その人の印象を決定づけるヘアスタイル

その人の印象を決定づけるヘアスタイル

働く女性にとって身なりと言うのはとても大切だと思いますね。自分の印象を良くするも悪くするも、元の顔立ちとかではなく身なりで決まってくると思うのです。その中でもヘアスタイルと言うのは、その人の印象を大きく左右します。どんなにキレイな服装をして綺麗な顔立ちをしていても、ヘアスタイルが良くなければとても残念な印象になりますし、どんなに流行のヘアスタイルであったとしても、その仕事にふさわしくないヘアスタイルをしていればその人の常識を疑われるところとなってしまいます。外回りの仕事でお客さんに不快な思いをさせる事はもちろんですが、そう言った時にはお叱りのことばを受ける事もあるかもしれません。ですがオフィス内に置いて人を不快にさせるようなヘアスタイルをしている事は、なかなか自分の耳には入って来ないものです。なかなか人のヘアスタイルについてとやかく本人に言うのはなんとなく失礼な気がしますし、「これが正解」と言うものがないのでそれが個性だと言われてしまえばそれまでです。男性に至っては女性のヘアスタイルやそのほかの容姿にういてとやかく言う事はいまではすぐにハラスメントとして捉えられてしまう可能性もあり、上司であっても口をつぐむ事が多い様で、なかなか本人の気付くところに至らないケースが多いようです。オフィスによっては制服がある所も有りますし、そうではない所もあるでしょう。私服で働いても良いオフィスにおいては確かに女性の方々は思い思いの服装をされていると思います。オフィスワークとは言っても立ち上がって歩いたり移動したりすることが多い仕事についている人は動きやすい服装をしている人も多いものです。いわゆるオフィスカジュアルという服装をしている人も多いですね。ですがそういった服装の時にヘアスタイルも其のファッションに合わせて「ラフ」にしている人もいるようです。ところがこの「ラフ」というのは「ずぼら」とか「雑」というのと紙一重に見えるところがあって実はとても難しいんですよね。ラフに見える、というのはそれなりにきちんとしていてそれでいて自然体である感じだと思うのですが、その自然体、というのは決して髪の手入れを何もしない、という事ではありません。たとえば毛先が傷んでダメージケアになっているにもかかわらず、その毛先の傷みが丸見えになるような無像なヘアスタイルをしていても、それはラフに見えるとは言えないと思うんですね。手入れされた綺麗な髪の毛が無造作な感じであるのはラフかもしれませんが、そもそも手入れの段階から気を抜いてしまっているのは、見ている側としても不快になるに違いありません。小岩駅 美容師 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ