お店によるアシスタントの扱いの違い

お店によるアシスタントの扱いの違い

お店によるアシスタントの扱いの違い

アシスタントの労働条件と言うのはそのお店の体制に決まってきます。美容室の中にはアシスタントを一人前に育てる事に重きを置いている美容室と、そうではない美容室があると思われます。前者の美容室であるならばアシスタントの人たちは一人前のスタイリストとなるまでスタッフの皆さんがとにかくしっかりと指導するばかりではなく、悩みなどもきちんと汲み取ってくれて何かあっても美容室を辞めなくても済むように最善と尽くしてくれると思われます。一方で残念なことにアシスタントを雑用係だとしか見ていない美容室も有ります。アシスタントが成長してスタイリストになることよりも、今はアシスタントのままで雑用をやってくれている方がその美容室にとっては都合が良いケースもあるのです。特に回転率にこだわっている美容室であれば、スタイリストを一人育てる事よりもとにかくお客さんを一人でも多く受け入れる事に躍起になっているものです。そうすると当然ですがアシスタントにはシャンプー専門でいてもらう方が都合が良いのです。ですがそれでは手荒れなどをしてしまうアシスタントは全く役に立たない、と思われてしまいます。ちゃんとそだててスタイリストに、と思ってもらえていれば早目に通院する事も勧めてもらえるかもしれませんが、そうではければ役に立たないアシスタントとして退職を迫られるケースもあるようです。美容室において手荒れを一番起こしやすいのは当然のことながらアシスタントと呼ばれる人たちです。水や薬剤を触る機会がいちばん多いですし、ケアをする時間も無いほど忙しい思いをしているからです。アシスタントと言えば美容室の中では見習いと同様に一番下っ端のポジションです。上下関係が厳しいと言われている美容室においては、そんなアシスタントが手の調子が悪いからと言って、お客様のシャンプーや自分の練習をさぼる訳には行きませんし、泣き言をいう事も許されない環境であることが殆どでしょう。手荒れが気になりながらも、すぐに対処すべきであるにもかかわらず、休みを取って病院に行く暇も無く、仕事中もケアのためのクリームを塗る事も難しい、といった感じで仕事をしているアシスタントがほとんどなのではないでしょうか。そこで必要になるのは先輩方の理解だと思うのです。多くの先輩アシスタントやスタイリストも同じように手荒れで辛い思いを経験したことがあると思うんですね。そうであれば後輩が辛い思いをしているときには、なんらかの対策をしてやるべきだと思うのです。ですが「自分もそれを乗り越えた」という思いが、ついつい後輩への厳しい指導の方へと向かわせてしまケースが多いようです。先輩から「病院へ行って来たら」と言われるどどんなにか救われるアシスタントも多いと思いますね。新小岩 美容師 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ