アイシャドウを使うだけで印象アップ!カラーによって変わるイメージ

アイシャドウを使うだけで印象アップ!カラーによって変わるイメージ

アイシャドウを使うだけで印象アップ!カラーによって変わるイメージ

学生の頃は、目元に何もアイシャドウを使わないという人もいるでしょうが、大人女子にもなってくると、目元にアイシャドウをつけて明るく、華やかな印象に見せるメイクをするようになりますよね。

 

もしもいつものメイクがマンネリ化してきてつまらない!といったことになれば、アイシャドウの色みを変えてみるだけでもマンネリ化防止になります。
アイシャドウカラーに何を使うかによっても、自分のイメージが大きく変わります。
なりたいイメージに合わせて使ってみてください。

 

○アイシャドウの色によって変わるイメージ

 

・黄色
黄色は個性を発揮できる色でもあります。
他の子とはちょっと差をつけてユニークねメイクをしたいといった時に、おすすめです。
日本人に肌とも相性が良いため、ポイントで使うのがおすすめです。
自然と顔の表情を明るくできるでしょう。

 

最近は、ピンクよりも黄色の方が暖かい季節に好まれています。
ピンクのアイシャドウに飽きてしまった人も、ぜひイエローカラーのアイシャドウに切り替えてみてください。ちょっとした気分転換になるでしょう。

 

○ブラウン

 

どんな目元にも似合うブラウンは、一番よく使われている色みでもあります。
自然なのに知的で上品な印象に見せられます。
プライベートでもビジネスシーンでも応用できるため、万能なカラーです。極めておくと損はないでしょう。

 

○ピンク

 

女性らしさを強調したい時、ピンク色を使うと効果的です。
血色がよく見え、ヘルシーに見えるカラーです。
目元のくすみをなくしてパっと明るい印象になるため、顔色も明るくなります。優しい雰囲気になれるため、印象もアップ!

 

おしゃれな女性は、ファッションやシーンによってメイクも変えているでしょう。
そんなふうに思っていても、いつものメイクから抜けだせないという人もきっと多いのではないでしょうか?

 

アイシャドウの塗り方や色選びを抑えておけば、いつものファッションもさらに効果がアップするでしょう。
それでは、アイシャドウを塗る時は、どのようなコツを抑えていればいいのでしょうか。
目指したい目の形に合わせて、選んでみてくださいね。

 

○切れ長の大人っぽい目を目指したい時

 

クールな雰囲気を出したい場合、アイメイクは切れ長に作るといいでしょう。
目を縦長に強調すると、目が丸っこく見えてしまうので、大人っぽく切れ長に見せるのであれば、横長の目元を目指しましょう。
ポイントは、目尻側から目の中央に向かってシャドウを入れることです。
目頭には引かない方がいいでしょう。

 

遊び心を取り入れるなら、薄いブルー系やピンク、緑やオレンジ色にして、普段とは違ったアクセントを出してみると美しさが引き立つでしょう。

 

○目元に丸みを出したい時

 

丸っこい目元を作りたい時は、ベーシックな色合いよりも、3色のグラデーションを作ることをおすすめします。
シャドウを上まつ毛のキワ全体に引き、下まぶたも3分の1まで引いて目元を引き締めます。

 

○終わりに…

 

アイシャドウを使うのに慣れていないという女性は、まずはベーシックなアイシャドウを使い分けて日常に取り入れていき、その日のまぶたの状態やファッション、気分に合わせて色の組み合わせて自由に変えてみてはいかがでしょうか。

 

柏駅 美容室 主婦


ホーム RSS購読 サイトマップ