カラーリングは暗めに

カラーリングは暗めに

カラーリングは暗めに

妊娠中から乳幼児を育児する時期にかけては、美容室へ頻繁に行くことが難しくなります。そういう事になった時にいちばん困るのはカラーリングではないでしょうか。特に明るめのカラーを入れている人は、それまでは頻繁にカラーをしていたと思うのですが、なかなかそういう事ができなくなると、いわゆるプリン状態になってきます。プリン状態も頭頂部が少し黒髪になっているぐらいなら目立たないのですが、だんだんと黒髪の範囲が広がっていると、いかにも長い期間髪の毛を放置しているように見えてきます。ですから出来る事ならばそういう事態になることを予測して、妊娠中に髪色はできるだけ暗めの色に戻しておく方が良いと思います。そうすればたとえ思った時にカラーリングが出来なくても、プリン状態があまり目立たなくてすみます。どうしても明るめの色にこだわっている人の中には、美容室へ行く事が出来ないから自分で市販のカラーリング剤で染める人もいるようですが、実は産前産後の髪の毛と言うのはホルモンバランスの影響でかなり髪質や頭皮の状態が変わっている事があり、これまでになかったアレルギー反応が起きる事があります。ですからどうしても自分で染めたい場合にはパッチテストを必ず行う様にしましょう。子育てをしているママたちにとって、綺麗なヘアスタイルを維持する事は結構大変な事です。それは乳幼児を抱えていると美容室の様な長時間のお出かけ、というのがなかなか難しくなるからです。多くのママたちに「今いちばん何がしたいか?」と尋ねると「美容室に行きたい!」と言う答えが返ってくることが多いそうです。それぐらいママたちにとって育児中に美容室へ行く事はハードルが高い訳ですね。ですからどうしてもヘアスタイルが整わない時期が長くなります。そんな時期にオススメなのはデジタルパーマだと言われています。デジタルパーマの魅力はパーマの効果が長く続く事です。思い切って一度家族にお子さんを預けてデジタルパーマをかけておけば、その後は当分パーマをかけなくても大丈夫です。おそらく子育て中のママたちは髪をひとまとめにしている事が多いと思うのですが、ただまとめているだけではいかにも毎日忙しくしている様な生活感を醸し出してしまいます。ですがデジタルパーマをかけたうえでひとまとめにするのであれば、ゆるふわでおしゃれなスタイルにする事ができます。一番助かるのは朝のスタイリングでしょう。少し手櫛で整えるだけで、ふんわりとまとまります。頻繁に美容室でパーマをかける事が出来ない時期にはデジタルパーマはとても便利です。綱島 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ