美容師ならではの日常生活のくせ

美容師ならではの日常生活のくせ

美容師ならではの日常生活のくせ

美容師のみなさんは、毎日お店に出て毎日ハサミを持って仕事をしています。そんな美容師の皆さんだからこそ私生活にも仕事のクセが残ってしまうような事があるのは仕方のないことかもしれません。美容師のみなさんが一様に言うのは、休みの日であるにも関わらず常に急いで食事を食べてしまう、という事です。美容師の皆さんは営業時間中は次のお客さんが来る合間を見計らって急いで食事をしている様です。いつ自分のお客さんが来店されても良い様にいつも早食いになってしまっているようで、それが身についてしまっていてゆっくり食べても良い時間でもゆっくり食べる事が出来ない、という人が多いようです。もうひとつは美容師の皆さんのハサミの持ち方って独特ですよね。そのハサミの持ち方を普通のハサミの時でも思わずやってしまう、という人は多いようです。美容師のハサミは親指だけ動かして使う物の様で、普通の文具のハサミでもそのような使いかたをしている人を見かけたらきっとその人は美容師でしょう。小指を出して持っているのも特徴の一つでしょう。また美容室では多くのタオルを使って洗って干す、という作業をしているので、自宅でもタオルの干しかたにはついついこだわってしまったりするようです。美容室に来るお客さんの中には、おしゃべりをするのが好きな人も多いですよね。美容師との会話を楽しみに来店するお客さんがいることは、美容室にとっても喜ばしい事ではあります。ですがあまりにもお喋りが好きなお客さんの中には、今何をしているか、美容師がどのような作業をしているか、という事をお構いなしに話かけてくるお客さんもいるようです。たとえばシャンプーをしている時、美容師の方はお決まりの質問などをする程度だと思うのですが、お客さんの方が顔にガーゼなどを掛けられているにもかかわらず、かなりの勢いで話す人がいるようです。勢い余って布がずれてしまったりすると、美容師の方も困ってしまうようですね。あとはドライヤーをかけている時にもお喋りを続けられてしまうと、ドライヤーの風の音で実際にはとてもお客さんの声が聞きづらくなっているんですよね。それにも関わらずお客さんが喋りつづけたり、もっと困るのは美容師が何か応えなくてはいけないような内容の話を始めると、互いに段々と声を大きくせざるを得なくなってしまう時があるようですね。プライベートな話の内容だったりすると、こんなに大声でこんな話をしても良いのだろうか、というような感じになってしまう事も有り、美容師の方では苦笑してしまう事もあるようです。

 

http://www.bmw.co.jp/jp/ja/


ホーム RSS購読 サイトマップ