アシスタントの挫折

アシスタントの挫折

アシスタントの挫折

アシスタントの挫折

 

美容師の皆さんは初めて就職した先の美容室でまずはアシスタントというポジションで働き始めます。このアシスタントというポジションの人と私達お客さんが触れ合うのはおもにシャンプーの場ですよね。つまりアシスタントの皆さんの最初の仕事は雑用以外のところではお客さんにシャンプーをする事なんですね。このシャンプーですら、ただシャンプーすればよい、というものではなくて、そのお店が求めるやり方のシャンプーを練習しなくてはなりません。そしてその練習の成果が認められたら初めてお客さんにシャンプーが出来るようになるんですね。おそらくシャンプーが出来るようになった時にはとても嬉しいと思います。ですが多くのアシスタンとはそこから先がなかなか見えないのです。シャンプーデビューした後は、パーマやカラーのお手伝いをするようになりますが、それもまた練習ですし、最終的な目標であるカットの練習も毎日行います。お店が開いているときにはシャンプーをして、お店が閉まってからはひたすら練習をする、と言う毎日になります。ですがその時期が一番辛いのです。何回カットをしたら合格、というものではなく先輩美容師や店長、経営者が認めなければ合格ではありません。いつ合格できるのか、と言う不安がアシスタントを追い詰めていくことが多い様なんですね。

 

美容師が挫折に陥る理由

 

どんな職業でも一度や二度の挫折と言うのは付き物かもしれませんが、美容師の離職率から考えると相当多くの美容師たちが挫折を経験し、実際にその挫折から立ち上がることができなくて美容師と言う職業から離れていくのかもしれません。美容師と言う職業はたとえば高校や大学、専門学校を卒業する時に「どこの会社に就職しようか」と考えるのとは少し違って、そもそも美容師になることを目標にしてその専門の学校で学び、資格を取得する、と言うプロセスを踏むものです。ですから長年にわたって美容師になることを目標として学んできた人たちばかりのはずなんですね。そういう人たちが美容師になって数年でやっと手に入れた夢の職業を手放す、というのはとても勿体ない気がしますし残念なことですよね。彼らの挫折と言うのはどのようなもので、どの様なタイミングで起こり、どうして立ち上がることが難しいのか、と言う事を、これから美容師を目指す人たちは知っておかなくてはならないかもしれませんね。その挫折に負けなかった人たちだけが美容師としての職を全うし、いわゆる美容師の勝ち組として活躍していくことができるのかもしれません。大なり小なり挫折と言うのは人生の中であるものです。ですが挫折した時にどうとらえてどう行動するか、というのはとても大切ですよね。

 

PICK UP!

 

美容室求人は表参道で

表参道駅 美容室 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ