アラフィフでも美しすぎるセレブ、ニコール・キッドマンの見習うべき食生活は?

アラフィフでも美しすぎるセレブ、ニコール・キッドマンの見習うべき食生活は?

アラフィフでも美しすぎるセレブ、ニコール・キッドマンの見習うべき食生活は?

20代の頃からパーフェクトな美貌で注目されてきたニコール・キッドマン。
その透明感ある美しさは、今でも変わらず、キャリアも美貌も衰えません。

 

スタイルも顔も、まるでお人形のようなニコール・キッドマン。
その美貌の裏側には、どのような努力が隠されているのでしょうか?
今回は特に、ニコール・キッドマンの食習慣にスポットをあててみました。

 

○脂質の少ないたんぱく質を摂る

 

特に好き嫌いがなく、何でも食べるというニコール・キッドマン。しかしたんぱく質豊富な食品をとる時は、脂質が少ないものを優先的に食べるようです。特に好んで食べているたんぱく質が、シーフード。自身がオーストラリア出身ということもあり、新鮮なシーフードが根っから大好きのようです。特にお気に入りなのが、大型のカニやロブスターの盛り合わせだとか。

 

○マルチビタミンサプリはとるけれどそれ以外は気にしない

 

ニコール・キッドマンは、何でも食べる、あまり気にしないといった食スタイルを好んでいます。武蔵浦和駅dで美容室の求人で正社員決めているルールとしては、80%はヘルシーをこころがけ、20%は気にしないというものがあるようです。補えない分は、マルチビタミンサプリメントをとって栄養補給します。

 

○珈琲は変わったものをチョイスする

 

ニコールは珈琲をよくオーダーするようなのですが、ちょっと変わった珈琲をセレクトするのが好きなのだとか。特に泡やチョコレートスプレーがたっぷり入った珈琲が好きだといいます。コーヒーよりも泡が好きなくらい、泡好きだといいます。カプチーノを頼む時も、泡を多めにしてコーヒーを少なめと言って、カスタマイズしているそうです。

 

○終わりに…

 

スタイルをキープするために、特に厳しい食事制限をしているわけではないという
ニコール。料理をするよりも食べるのが大好きだというだけあって、食べることを心の底から楽しむことが、生活の潤いとなり、美貌にもつながっているのかもしれませんね!

 

 

ナチュラルに見えるようなメイクが流行っていますが、ナチュラルメイクって難しいですよね。
肌トラブルが増えてくる年齢だと、どうしてもカバーしたいところが増えてしまい、お化粧も足し算になってしまいます。

 

しかし、どんどんお化粧をしているうちに、おばさんくさい顔になっている可能性もあります。

 

時代遅れで垢抜けないメイクは、何となく恥ずかしいですよね。
年齢には逆らえないものの、「いつもメイクが素敵な人」と思われていたいですよね。
それにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

 

○眉は線にしないこと

 

眉ペンシルで眉をかいていると、どうしても一直線の細い眉になってしまいがち。
しかし、細くて高低の差が激しいなどすると、不自然で古臭い印象も受けてしまいます。
眉毛はカラーにバリエーションがあった方がいいです。ピンク色やえんじなど、バリエーションが豊かなアイブローや眉マスカラで仕上げましょう。

 

○全体にファンデーションを塗らないこと

 

肌トラブルが多くなってくると、全体的にしっかりファンデーションを塗ってカバーしたくなりますよね。

 

しかし、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、おばさん顔の原因になります。
素肌感が消されて透明感もなくなり、メリハリもなくなってしまうでしょう。

 

ファンデーションは目の下は丁寧に塗って、あとは素肌感を重視していきます。
旬なベースメイクはツヤ感あふれるメイクです。

 

ポイントだけしっかりカバーして、くすみのないお肌にしていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ