薬剤の違い

薬剤の違い

薬剤の違い

自宅で自分でヘアカラーをしよう、と思った時にはまずはヘアカラー剤を購入しなくてはいけません。たくさんのヘアカラー剤がドラッグスストアなどには並んでいます。どれを使おうか、と悩んでしまうほどですが、それらと美容室で使われているヘアカラー剤と言うのはどういう違いがあるのでしょうか。簡単に言えば値段が違いますね。皆さんも一度は美容室でいろいろなヘアケア剤の購入を勧められたことがあると思いますが、値段を見て「とても買えないや」と思った経験がある人は少なくないでしょう。それぐらい美容室で使っているものは値段が高いものばかりです。ですがそれは意味も無く高い訳ではなくやはりそれなりに高い理由があると思われます。ドラッグストアで販売されているものは多くは大量生産です。どんな人の髪にでもきちんと効果が出るように作られているものばかりです。ですからざっくりと色の違いや髪質の違い、性別の違い、などで分けられてはいますが、後は「ちゃんと染まるかどうか」と言う事に重点が置かれているので、その後の髪の毛のダメージなどにはあまり考慮されていないものが多いように思われます。美容室のものであればその点も校了されていますし、別のヘアケア剤を使ってきちんとトリートメントをしてもることも可能ですね。市販のヘアカラー剤と美容室で使われているヘアカラー剤の大きな違いの一つに髪色の種類があります。ドラッグストアで販売されているヘアカラー剤は髪色の種類が多いようには思えますが、数える事が可能な程度です。それに比べて美容室で髪を染める場合には、ブリーチの種類だけでもかなりの種類がある、と言われています。また美容師さんがヘアカラー剤を調整する事により、一つのヘアカラー剤だけでは出せない髪色を出す事も可能になってくるのです。そもそも美容室であつかっている薬剤の方が種類も豊富です。その上美容師さんが上手く組み合わせをしてくれるわけですから、そう考えると出せる髪色の種類は全く違う、と言っても良いでしょう。そのさじ加減と言うのはとても素人では無理な領域のようです。ですから私達が自分で出来る、と思っているカラーリングと言うのは単純に「明るくしたい」「暗くしたい」といった程度の事だと思った方が良いかもしれません。経験した人もいると思いますが、「この色が良い」と思って納得して薬剤の色を選んだつもりでも、仕上がりが思った様な色ではなかった、と言う事も良くあると思います。それは元の自分の髪色などが影響してくるからなんですよね。その点のさじ加減も美容師さんなら可能ですが、素人ではそうはいきませんね。二子玉川 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ