頭皮のたるみ

頭皮のたるみ

頭皮のたるみ

40代ぐらいになるとこれまでにはなかった髪のくせが現れてきた、と感じる人がいると思います。実はその様に感じるのは髪の毛の健康にとっては要注意の症状なんですね。そのこれまでとは違ううねりやくせ、というのは頭皮がたるんできている事で生じる事がほとんどなんですね。頭皮がたるむ、というのはどういう事かと言うと、年齢を重ねて顔の肌のハリが無くなって全体的に下に下がってくる印象になることがありますが、それと同じことが頭皮でも起こっている、と言う事です。そもそも頭皮とは顔とつながっている訳ですから頭皮のたるみがその下にある顔のたるみを引き起こしていると言っても良いかもしれませんね。ようするに全体的に下に下がってきている訳です。頭皮がたるんでくるとその表面にある毛穴の形が変わってくるのです。そうするとこれまでとは違う形や違う太さの髪の毛が生えて来ることにより、まっすぐで均一的な髪の毛ではなくなってしまい、うねりやクセの原因となってしまうのです。30代の頃まではきれいなストレートだったのに、最近はまとまりにくくなってきた、と感じる人はまさに頭皮のたるみが原因なのかもしれません。頭皮のたるみを改善するにはマッサージやヘッドスパが有効だと言われています。あまり普段は気にしていないかもしれませんが、若々しい髪と年齢を重ねた髪の毛との大きな違いの一つに「ツヤ」と言う要因があります。ツヤツヤしている髪はとても若々しいものですが、ツヤが無いとなんとなくカサカサとして老けた感じに見えます。ですがこの髪のツヤというのは特に後ろ髪を見た時に感じるものですから、自分では「ツヤが無くなっている」と言う自覚をしていない人も多いんですね。ですが何もケアをしていない場合、40代ともなると確実に髪の毛の艶は無くなってきています。ですからそれなりのケアをしてつやを与える事が若く見せる事の一つのポイントになるんですね。具体的な方法としてはまずは乾燥から髪の毛を守ることが大切です。保湿されていない髪の毛はどうしてもツヤが無くなってしまいます。ですからトリートメントやオイルなどを使って保湿を常に心がける事は髪のツヤを守る上ではとても重要です。若い頃の様は天使の輪ができるようなツヤとまではいかないにしても、全くツヤが失われてしまった髪の毛と言うのは、ただツヤが無い、というだけではなく手入れを怠っているかのようにも見えてしまうので、ツヤを保つようなヘアケアを続けて言う事をおすすめします。美容室で髪の質をチェックしてもらうと適切なアドバイスがもらえる事でしょう。川口にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ