大変な準備や後片付け

大変な準備や後片付け

大変な準備や後片付け

ヘアカラー剤と言うのはドラッグストアで販売されているものでも取り扱いがとても難しいものです。とにかく気を付けなくてはいけないのは付着すると落ちない、と言う点でしょう。考えても見たら髪の毛をシャンプーをしてもシャワーをしても色落ちしないぐらいに染め上げる薬剤です。それだけ強力なものであることは考えてみたら当たり前です。ですから自宅でヘアカラーをするとなると、床、壁、家具、などヘアカラー剤の色が付着したら困るものに対してはすべてカバーをかけるなどの対策をしなくてはいけません。また自分が身に付けているものに関しても同じです。確かに色がついてしまってどうしようもなくなったら破棄すればよいかもしれませんが、お気に入りの服や高価な服だとそうはいきませんから、まずは最悪捨てても後悔しないような服装で始めなくてはいけません。それだけの準備をする事を考えただけでも「面倒だ」と言う気持ちになる人がいるかもしれませんね。そしてそれだけではありません。終了したらその汚れたものを片づける、と言う作業も待っています。おそらく一度自宅でヘアカラーをやってみた経験のある人は、どうして美容室でのヘアカラーに対してあの料金を支払わなくてはいけないのか、と言うことが良く理解できると思います。自宅でのヘアカラーで大変なのは準備や後片付け、薬剤の取り扱いばかりではありません。その仕上がりに満足できるかどうか、と言う点においても考えなくていけません。自宅でヘアカラーをしてみた人ならわかると思うのですが、やはり美容師さんはさすがに上手だな、と実感する事は間違いないでしょう。美容師さんに染めてもらうと一番感じるのはムラなく染めあがっている事でしょう。やはり薬剤をまんべんなく髪の毛に付ける、と言う時の手つきが違うのだと思います。自分ではまんべんなくやっているつもりでも、素人がやると結局は染め方にムラが出来ている事が殆どです。良く言われるのが自分で腕を上げて髪の毛に揉みこむ様な動作を続けていると、途中で腕が辛くなってきたりして、最後の方はどうでもよくなってしまう、というようなケースです。また塗り終わってからも大変ですよね。どうやってカラーリング剤をまんべんなく染み渡らせることができるのか、というのは素人にはなかなか難しいところです。自宅、美容室の両方でカラーリングを経験した人なら、やはり仕上がりが断然違う、と感じることは間違いないでしょう。考えても見たらそれは当たり前で、要するに美容室でカラーリングをするのにあれほどの料金が必要か、というのはほとんどが美容師さんの技術料だと言ってよいでしょう。府中 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ