冬の乾燥肌の悩みは気候だけが原因ではない

冬の乾燥肌の悩みは気候だけが原因ではない

冬の乾燥肌の悩みは気候だけが原因ではない

冬は乾燥しやすい季節といわれています。そのため乾燥肌で悩まされる人も多く、1年を通じて一番辛い季節と感じている人も多いかもしれません。しかし冬の乾燥肌の原因は季節だけの問題ではないかもしれません。冬になると様々なイベントがあり、それが食生活の乱れにつながり乾燥しやすくなっているということもあります。12月になるとクリスマス、1月はお正月、2月はバレンタインと月ごとにイベントがあり、それが食生活のバランスを崩してしまいます。クリスマスが近づくとケーキやチキンやお酒などの量が増えていき、それが肌の乾燥につながります。お正月はおせちにお餅にお酒と食べる量が一気に増えていきます。お正月太りなんて言葉もあるように食べ過ぎの結果乾燥肌を招くこともあります。バレンタインの季節になるとお店にもチョコレートがあふれるようになっていきます。イベントで必要な分とは別にチョコレートを手にしやすい季節になるため、糖分の過剰摂取につながり肌が荒れやすくなっていきます。食べ過ぎ、糖質の過剰な摂取、アルコールの取りすぎというのは肌荒れを引き起こしやすくします。血行不良、代謝の低下などが肌に大きな影響を与えていきます。寒さで運動不足にもなりがちなため、食べたら消費すること、消費できないなら量は抑えることを意識してみるといいですよ。イベントを楽しむことはストレス解消にもなり大事なことですが、あまりをハメを外した生活をしてしまうと肌の乾燥はよりひどくなっていくということを覚えておいてください。紫外線対策は冬でも必要になるということを知っている人も多いと思います。しかし単純に夏と同じような対策をすればいいというわけでもありません。冬の紫外線対策ではどんなことに気を付けていけばいいのでしょうか。冬の紫外線は夏の3分の1程度になります。日焼け止めを使う必要はないのかなと考える人もいるかもしれませんが、紫外線は浴びた量が問題になるため、弱くても長い時間浴びていると肌にダメージを与えていきます。そのため冬でも紫外線対策は必要になります。しかし乾燥しやすい季節の冬で強い日焼け止めを使うと肌荒れに悩まされる可能性もあります。また効果の強い日焼け止めは肌を乾燥させやすくするため、効果の弱いものにするのがいいでしょう。乾燥した肌は傷みやすく紫外線の影響も強く受けやすい状態となっています。そのため単純に日焼け止めを使っても肌は傷みやすくなります。日焼け止めを使う前に乾燥対策を行っていき、乾燥がひどいときには露出を少なくして日焼け止めを使う場所を減らしていくことも大事です。冬が終わり春が近づくにつれて紫外線の量は多くなります。季節の変わり目は特に紫外線の影響を受けやすくなるため紫外線対策を怠らないようにしましょう。冬の紫外線は波長の長いUVAが主流となり、UVAは窓ガラスも通り抜けてきます。そのため室内で過ごしているからと言って油断はできません。紫外線を避けて生活をすることは難しいからこそ日焼け止めを上手に使っていくようにしてください。菊川 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ