カウンセリングの重要性

カウンセリングの重要性

カウンセリングの重要性

どんなに「施術後でもお客さんが満足できなかった場合には条件付きでやり直しをします」と言う事を明言している美容室であっても、本当はそういう事が頻繁に起こることは望ましい事ではありません。本当は最初のカウンセリングの段階でお客さんのなりたいヘアスタイルをきちんと理解して、それを実現させてあげる事が美容師の役割だと思います。お客さんがそのカウンセリングで納得したにもかかわらず、結果的に思った様なスタイルにならなかった、とか数日後に不都合な事が起きてきた、というのはおそらく二つの原因が考えられます。ひとつはカウンセリングの段階でお客さんと美容師の意思の疎通が十分ではなかった場合、そしてもう一つは、カウンセリングで確認した事項を美容師が再現するだけのテクニックを持ち合わせていなかった、と言うケースでしょう。後者の場合は、美容師の勉強や経験不足、と言う事になるのでしょうけれども、勿体ないのは前者のカウンセリングでの意思疎通ができていない、というケースです。そこできちんとお客さんの意思をくみ取る、またはお客さんの方がきちんと美容師にに伝える、と言う事が出来ていれば、やり直しは発生しなくて済んだかもしれません。施術後に出来るだけ両者が満足出来て、気持ちの良い関係が維持できるようにするためには、カウンセリングはとても重要だ、と言えるでしょう。お客さんの要望に応えてヘアスタイルを作るだけではなく、その後のケアにも気を配ってくれる美容室と言うのはとても信頼できますよね。作ったからもういいでしょう?という態度ではお客さんに信頼される美容室にはなかなかなれないように思います。なぜだか解りませんが、美容室へ行く多くのお客さんたちは高い料金を支払ってかなりの時間をかけて美容室でヘアスタイルを作ってもらっているにもかかわらず、とこか美容師や美容室に対して遠慮している節があると感じます。それは美容師が技術者であり、自分よりも勉強していておしゃれで素敵な人だから、という事があるのかもしれません。なんとなくヘアスタイルやヘアケアに関しては自分の方が引けを感じてしまう、という気持ちを持っている人も少なくないでしょう。もちろん確かに美容師たちはきちんと髪についての勉強をして、センスを磨いているプロです。ですから素人のお客さんとは違う目線であることは当然です。ですがだからと言ってお客さんの方が引け目を感じて、自分の髪の毛であるにもかかわらず、仕上がりに対して言いたい事も言えない、というのでは困りますよね。美容室はもっとお客さんが作ったヘアスタイルに対して意見を言える雰囲気作りをする方が良いと思いますし、その意見を真摯に受け止める美容室であってほしい、と思いますよね。美容室 大森 ヘアサロン カット カラー トリートメント 人気 メンズ


ホーム RSS購読 サイトマップ