美容室と理容室の使い分け

美容室と理容室の使い分け

美容室と理容室の使い分け

女性の皆さんは、ヘアスタイルを整える時には美容室に行くという選択しかないかもしれませんが、今の時代では男性の皆さんは美容室に行くか理容室に行くか、と言う所で迷う人もいる事でしょう。一般的に今では理容室や床屋はダサい、美容室に行くのはオシャレな人、と言うイメージがあり、やはり美容室に行くべきなのか、と思う人もいるようですが、まだまだ敷居が高く感じている人も多い事でしょう。ですがどちらか一方にしなくてはいけない、という決まりも有りません。今ではその境界が分かり辛くなってきている、と言われている美容室と理容室ですが、美容師と理容師とでは得意にしている事が違います。例えば理容師のカットは男性の刈り上げのスタイルを得意としています。パーマと言えば小さなロッドを使うパーマの技術に長けているそうです。一方の美容師はパーマでいえばロングやセミロングの髪の毛にゆるいウェーブを与えるパーマの技術を主に習得しているようです。ですからもしもカット技術ひとつでさっぱりした仕上がりにしたければ床屋が良いでしょうし、今どきのおしゃれなパーマやカット方法を希望するならば美容室が良い、と言う事になるでしょう。男性が行くところ、とか女性が行くところ、おしゃれかそうではないか、と言う事よりも、自分の目的を達成するにはどちらの方が良い技術を持っているか、と言う考え方が良いでしょう。近年あっというまに美容室に行く男性客が増えてきたように思いますが、そこには美容室はおしゃれ、理容室はダサい、という先入観があるように思います。だからオシャレであるためには美容室に行かなくてはいけない、という考えをしている男性が、特に若い人たちの中には多いと思います。またこれまで床屋にしか馴染みのなかった男性たちは、美容室へ行くべきなのか、と悩んでいるようです。確かに美容室に押されて床屋に行く人たちが減って来たことは確かでしょう。ですがその事で床屋や理容室がなんの改善も図らず、美容室が一人勝ちになるのをただ見ているだけではありません。当然お客さんを引き留めたり呼び戻したりする努力はしています。その中でとてもおしゃれな床屋、というのも存在する様になってきたと思います。床屋の多くは個人経営でやっているものです。そういう所では例えばこれまでの理容師から代替わりをして若い理容師になるのを機に、お店をリニューアルさせるケースがあります。そういう時に思い切って床屋は床屋でも今どきのおしゃれな外観の床屋にするところも有ります。若い理容師たちの中には、若者向けのカット技術を習得したり、今どきのパーマメニューを扱う人も出てきているようです。今や床屋はダサい、とは言えない時代になってきていると思います。江古田 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ